ランキング

【30代の方へ】おすすめ育毛剤ランキング@人気の育毛剤7つから選ぶTOP3!

更新日:

数ある育毛剤から、人気の高い7種類をノミネート。そこからさらに厳選してトップ3をランキングしました。

この3つなら、どれになってもハズレはない!

私が自信をもってそう言えるトップ3です!

最終選考に残った人気育毛剤7商品をリストアップ

それに先立ち、まず最終選考にノミネートしたのが、この7種の育毛剤。

  • Deeper3D
  • イクオス
  • チャップアップ
  • フィンジア
  • ブブカゼロ
  • プランテルEX
  • ポリピュアEX

ここまでに、低価格帯で市販されているサクセス、カロヤンとか医薬品のプロペシアなどは、成分的に同列にできないので除外しました。

では、ノミネートした7つの育毛剤の概要です。

人気の育毛剤上位7つ・メリットとデメリットを紹介!

ノミネートは人気・成分内容とも評価の高い育毛剤を、厳選してリストアップしました。そのプロフィールを順に紹介しましょう。

Deeper3Dの特長は?

特長として、次の点が挙げられます。

主成分がキャピキシルとリデンシル

Deeper3Dといえば、国内では初のキャピキシル・リデンシル同時配合の育毛剤。どちらも海外製の複合成分で、在来型とは違った作用に期待が集まります。

成長因子を集中配合

馬プラセンタを始めとする、髪の成長に必要な成長因子を8種類配合、髪の成長を徹底的に重視した姿勢がうかがえます。

スポイトが不人気

近年の主流はスプレーですが、Deeoper3Dはスポイトタイプ。手間がかかるし、塗布量の調整がしにくいという不評が目立ってます。

値段が高い

これは、原料が高いせい。キャピキシルやリデンシルは海外製のミックス成分なので、仕入れ値が高いんですよね~。成長因子もかなり高いはず。

だから1本14,100円という値段になるんです。

Deeper3Dのまとめです。

  • 国内初のキャピキシル配合育毛剤
  • 新成分リデンシルも同時配合
  • 成長因子を重点的に配合
  • スポイトが不人気
  • 高価

イクオスの特長は?

独自成分Algas-2

イクオスの主成分はAlgas-2という独自成分。以前の主成分M-034を強化した成分で、他の育毛剤とは違う1ランク上の効果が期待できるんです。

脱毛ホルモン・DHT対策が二重ブロック

普通のDHT対策は、DHTを作る酵素の阻害です。イクオスはそれプラス、DHTが出す脱毛因子を阻害する成分も配合。

計13種類の成分でDHTを2重にブロックします。

イクオスサプリEXがスゴイ

サプリの成分数は業界トップの46種類です。

育毛サプリに必要なノコギリヤシ、亜鉛や、フィーバーフューなど有名な成分をほぼ網羅。

サプリの成分量公開で信頼感獲得

イクオスサプリは主要成分の配合量を公開して、信頼性は十分。必要量の確保だけじゃなく、どのサプリにも負けない豊富な配合量なのです。

サプリ付き定期が安い

イクオスとすごいサプリのセットが、定期コースで7,538円です。チャップアップのサプリセットが9,090円なので、そのお得さが際立ってますね。

イクオスのまとめです。

  • 独自の主成分Algas-2で差別化
  • 2重のDHT抑制で対策は万全
  • サプリの成分数は業界トップ
  • 配合量公開で信頼性十分
  • サプリ付き定期が超お得

チャップアップの特長は?

人気度№1

チャップアップは各種ランキングで常に上位。売上高1位だし、何かにつけて比較対象・話題になります。広告量も多く、通販育毛剤では一番目立つ存在です。

成分数が多い

配合成分数は、主成分M-034以下全部で81種類。通販系育毛剤では業界トップクラスになります。

薄毛の原因に幅広く対応

成分数に比例して、作用も多彩です。血行促進や脱毛防止、頭皮改善、栄養補給など、あらゆる原因に多くの成分で対応が可能なのです。

販売手法に問題

過去の話ですが、広告の内容が法令に違反(大げさ、事実でない)していたことがあり、ネット上でも批判・悪評が増えました。今はもうありませんけどね。

主成分に古さが

主成分はM-034で、決して悪い成分ではないんですが、発売以来変わりなし。長年同じ主成分となると、他の育毛剤に比べて古臭さを感じてしまうんです。

チャップアップのまとめです。

  • 人気度一位を長期間継続
  • 成分数は業界トップクラス
  • 全方向の薄毛対応
  • 過去に販売方法に批判が
  • 主成分が古い

フィンジアの特徴は?

主成分が最高濃度

フィンジアの主成分はキャピキシル5%。それにピディオキシジルが2%配合。この濃度での配合はフィンジアだけで、それだけ期待度も上がります。

人気が高く品切れ

フィンジアは過去に4回も品切れしています。これだけ品切れを繰り返すのは珍しく、人気の高さ、売れ行きの好調さがうかがえますね。

成長因子の増加に期待

成分のヒオウギエキス(イソフラボン)とカプサイシンは、同時摂取で成長因子(IGF-1)を増やせます。それによって、発毛促進効果が期待できるのです。

価格が安い

キャピキシル系育毛剤は高額で、1万円以上は当たり前。その中で1本定期9,980円、3本定期8,966円はかなり安く、買いやすい価格設定です。

内容量が少ない

キャピキシル系は量が少ないのも特長です。それでも60ml以上はある中、フィンジアは最少の50ml。これで1ヵ月分なので、範囲が広いとかなり心細いんです。

フィンジアの特長・まとめ。

  • ピディオキシジルの配合量最多
  • 品切れする人気
  • 成長因子IGF-1増加に期待
  • キャピキシル系では安いほう
  • 容量が少ない

ブブカゼロの特徴は?

ブブカはリニューアルで内容を一新、品名もブブカゼロになりました。

成分数が業界トップ

ブブカゼロの総成分数は、107種類にもなります。これを超える育毛剤はないでしょうね。業界トップの配合成分数で、薄毛への総合効果が期待できます。

M-034を最初に使った育毛剤

M-034は、髪の成長や血行を促す海藻成分。これを初めて使った育毛剤がブブカなんです。それが好評で、チャップアップやイクオスなどが出るきっかけに。

M-034を最大量配合

ブブカゼロになったリニューアルで、M-034の配合量が10倍に増量されました。発売以来増量を続けてきましたが、最近一挙10倍に!これは追い越せないでしょう。

価格が高い

ブブカゼロは、定期コースで11,664円です。サプリが必ず付きますが、イクオスやチャップアップのサプリ付きよりもはるかに高値。

サプリが弱い

リニューアルに伴い、ノコギリヤシや亜鉛など育毛に必要な成分がなくなりました。単なる栄養サプリになり、育毛剤&サプリセットの戦力が大幅ダウンです。

ブブカゼロのまとめ。

  • 成分数が業界最多
  • M-034使用育毛剤の先がけ
  • M-034の配合量が最大
  • 価格が高い
  • サプリが残念

プランテルEX

プランテルは「M字に特化」が売りでしたが、成分を大きく増強して総合効果をうたいます。

新成分に期待

リニューアルで追加されたリデンシルは、毛根を活性化して髪の成長を促すことが期待できます。海外開発の複合成分で、従来型にはない作用が注目されます。

独自成分に期待

もう一つの新成分は、特許出願中の独自成分・ペブプロミンα。ヒオウギ、ボタンなどの複合成分で、これによって、DHTの抑制作用が強化されました。

値段が高い

プランテルEXは定期コースでも9,700円と、1万円近い値段です。リニューアル前より3千円近くも値上げ。原因は新成分の大量増強ですね。

コスパは改善?

値段は少々上がりましたが、その一方で成分が大幅増。育毛効果の期待度も上がりました。効果アップの程度は未知数ですが、コスパはよくなったのでは?

容量が少ない

これもリデンシルの影響で、150mlから50mlに激減しました。少ない量でも効果は望めるのでしょうが、1ヵ月分としては心細い量です。

プランテルEXの特長は以下の通り。

  • リデンシルに期待
  • 独自のペブプロミンに期待
  • 値段は高水準
  • コスパ改善
  • 内容量が少ない

ポリピュアEXの特徴は?

実績あるロングセラー育毛剤

ポリピュアEXは2007年デビュー。通販育毛剤では超ロングセラー商品です。累計販売数は450万本を超え、それだけ多くの人が使ったということですね。

2つの独自成分で差別化

ポリピュアの最大の特徴は、主成分のバイオポリリン酸とバイオパップス。どちらもポリピュアだけの独自の成分で、他との差別化を図ります。

育毛作用のアプローチが違う

バイオポリリン酸は、毛乳頭や毛母細胞に直接作用して活性化。そしてバイオパップスは髪の成長期を延長。他とは違う特徴的な作用で髪の成長を促します。

脱毛防止成分が少なすぎ

育毛剤には、脱毛ホルモン・DHT対策が必須なんですが、ポリピュアEXにはヒオウギエキスのみ。これではあまりに貧弱です。ここは大きな弱点ですね。

2ヵ月使うのは無理?

ポリピュアEXは1本で約2ヵ月使えるということですが、同じ容量(120ml)のイクオスやチャップアップは1ヵ月分です。2ヵ月はちょっと無理な気が…。

ポリピュアEXのまとめです。

  • 長期間の販売実績
  • 独自成分で差別化
  • 独自成分は作用も特徴的
  • DHT対策が不足
  • 1本2ヵ月は無理?

これで紹介は終わり。ここからさらに3つに絞り込みますが、どれが残るか何となくわかってきたでしょう?

人気の育毛剤選びの順位決定!トップ3はどの育毛剤?

ずっと見てきてわかるのは、人気がある育毛剤って、常にライバルを意識しているんですね。他と差別化するほど注目され、人気が出るんだと思います。

そんな育毛剤トップ3は、

でした!
そのあと、5位までは以下の順位になります。

では、比較した項目ごとにいくつか見ていきましょう。

内容量が多いのは?

育毛剤は、中身がたくさん入っているほうが、塗りたいところに遠慮なくどんどん使えます。残りを気にしながらでは、ストレスがたまりますもんね。

1位の120mlが4つ並びました。一般的な育毛剤では、この量が一番多いようです。少々薄毛の部分が広くても、これだけあれば、1ヵ月間十分使えるでしょう。

そして、少ない方はみんなキャピキシル・リデンシルが主成分。少ない量で効果が出る成分ですが、やはり残量が心配になりますね。

成分数が多いのは?

成分の種類が多いと、いろんな原因の薄毛に対処できます。なので、育毛剤の成分数は多い方が有利なんです。

成分数トップはブブカゼロですね。ブブカのリニューアルまでは、チャップアップとイクオスが1・2位を占拠していましたが、一挙に大差で入れ替わり。

プランテルEXも、リニューアルで40種類以上増やしました。それでもチャップアップとイクオスの壁は超えられませんでしたね。

値段が安いのは?

次は一番気になる値段です。1回の購入だけでは終わらない育毛剤なので、値段は最重要項目。

値段はイクオスがトップです。ポリピュアEXが2位ですが、成分が少ないので、もっと安くてもいいような気も…。

1位のイクオスと3位のチャップアップは、成分が多いのにこの値段。コスパいいですね~。

内容量、成分数、値段とみてきましたが、重要な部分はすべてイクオスが1位でした。総合1位になるのも当然の結果でしょうね。

では、トップ3の選定理由を説明しますね。1位から順にいきます。

イクオスがランキング1位になった理由は何だった?

1位になるためには、部分的に優れていてもダメなんです。効果や値段など、あらゆる面で他を抑えないとね。

イクオスもそうでした。何がよかったのか、主な要因を紹介します。

イクオスが1位の理由①いろんな薄毛に対応できる

薄毛=AGA(男性型脱毛症)と思っている人が多いのは、TVCMの影響でしょうね。でも、それは40代以上の年代層の話。

年齢層 発症率
20代 6%
30代 12%
40代 32%
50代 44%
60代 51%
70代 61%

ある資料によると、こんな感じ。若い年代ほど、その他の原因で薄毛になる可能性が大きいんです。

その原因は単純なものではなく、血行不良、栄養不足、頭皮の環境悪化など。生活習慣も関係する複雑な要因になります。

イクオスには70種類にもなる成分が配合され、それぞれが複雑な薄毛の原因に対応できます。もちろんAGAへの対応も万全。

何にでも対応できるのが、イクオスの大きな特長なのです。

イクオスが1位の理由②進化した主成分Algas-2

イクオスのライバルはチャップアップ。今回イクオスが優位だった理由に、主成分の違いがあります。

イクオスの主成分はAlgas-2です。この成分は、海藻エキス・M-034にペルベチアカナリクラタという海藻エキスをプラスしたもの。

つまり、進化したM-034ということですね。

M-034はチャップアップを始め、多くの育毛剤の主成分。M-034そのままよりも、進化したM-034を持つイクオスが優位だったというワケです。

イクオスが1位の理由③手ごろな価格設定

値段のランキングでも1位だったように、ノミネートした育毛剤の中では最安値でした。値段の安さは、育毛剤には最も重要な要素です。

イクオスは、必要十分な成分を備えたうえで、1本定期で6,458円という値段。これなら長期間の出費でも何とか耐えられるでしょう。

手ごろな値段で買いやすいのは、長期間使用する育毛剤には大歓迎です。髪のために毎月1万円以上の出費って、耐え難いですからね。

無理なく買える値段も、ランキング1位の条件なのです。

イクオスが1位の理由④サプリがスゴイから

直接の比較項目ではありませんでしたが、イクオスのランキング1位は、イクオスサプリEXの存在を抜きには語れません。

サプリ付きになると、イクオスの価値が飛躍的に上がるという、優れたサプリなのです。

まず成分の種類は46種類で業界トップ。

そして、どのサプリにも負けない配合量を公開していて、サプリの信頼性はバツグンに高くなります。

多彩な成分で必要な作用はきっちり網羅して、配合量が十分だから効果の期待度もアップ。ランキング1位のイクオスには、最強のサプリがついています。

次は2位のチャップアップです。

チャップアップがランキング2位になった理由は?

チャップアップは2位でしたが、1位のイクオスと似たタイプの育毛剤で、やはり多数の植物エキスが中心です。

結果的に2位とはいえ、実力はイクオスと大差ありません。

チャップアップが2位の理由①さまざまな薄毛に対応

ここはイクオスと同じです。でも、チャップアップの総成分数は81種類で、イクオスの70種類よりだいぶ多いですね。

イクオス同様、ほとんどの薄毛の原因に対応できる、多様な成分を配合。年齢・性別を気にしないで使う事ができます。

宣伝上手なチャップアップですが、なぜか成分についてはあまりアピールされません。

なので、あまり知られませんが、頭皮環境にいいスーパーフルーツとか、育毛剤には珍しい冬虫夏草なんかが、さりげなく配合されているんです。

成分数が多い分、薄毛対応の幅広さではイクオスを超えるかもしれませんね。

チャップアップが2位の理由②人気の高さ№1を継続中

チャップアップは知名度が高く、それだけよく売れているんです。ここ数年、育毛剤の売上高でもトップを走り続けます。

そして、各種サイトのランキングでも、常に上位にランクされる存在。

人気が集まる理由はたくさんありますが、一番は値段と効果のバランスでしょうか。購入しやすい価格帯と、誰にでも向く多彩な作用ですね。

それに、「永久返金保証」のインパクトがある安心感も、人気が集まる大きな要因でしょう。

チャップアップが2位の理由③完璧な育毛剤は存在しない

チャップアップは何で1位じゃなく2位になったのかといえば、最初のランキングでわかるように、値段と返金保証です。

まず、値段です。イクオスよりも少し高かったですね。成分数の差といわれればそうかもしれませんが、つぎ込む広告宣伝費の違いかもしれません。

あと、返金保証ですが、永久保証なのにイクオスより低評価でした。理由は、返金額から差し引かれる手数料などが多く、手取りが少ないから。

どれも大した理由ではないんですが、少しだけ見つかった減点で「2位」でした。

3位はプランテルEXでした。

プランテルEXがランキング3位になった理由は?

プランテルEXは、M字に特化したプランテルのバージョンアップ版です。当然中身もグレードアップした、期待感満載の第3位。

プランテルEXは、4位のフィンジアと同じ、株式会社ユーピーエスの商品です。キャピキシル配合で成功したフィンジアの、リデンシル配合版ともいえますね。

プランテルEXが3位の理由①フィンジアの会社の最新版

M字ハゲ特化のプランテルに、全く違うタイプの新成分を追加。発毛促進とDHT対策を強化しました。

そして、フィンジアに少なかった育毛成分・栄養成分を大量に追加配合。

つまり、プランテルとフィンジアに足りない部分を、一気に改善した商品がプランテルEXということなのです。

発毛促進作用が特長のフィンジアですが、髪を増やしたい人なら、フィンジアよりもプランテルEXがおすすめ。最新版で機能も強化されていますからね。

株式会社ユーピーエスが本気で作った最新版に、期待を込めての3位です。

プランテルEXが3位の理由②臨床データのある新成分配合

プランテルEXには、期待の新成分が配合されています。

リデンシルの効果は臨床データ付き

プランテルEXに新しく配合されたリデンシルは、毛乳頭・毛母細胞を活性化、髪の成長を促すほか、頭皮の炎症を抑え、髪を作るサポートも行う複合成分。

その働きは臨床試験のデータで確認された、確かな効果です。

出典元:http://nourishbeauteproducts.com/

このデータは、成長期の髪と休止期の髪の比率の変化を表すもの。リデンシルを3ヵ月使ったほうで、成長期の髪が29%増えたことがわかります。

この変化を画像で見たらこうなります。

出典元:http://nourishbeauteproducts.com/

3ヵ月後の右側は、成長期の髪が29%増えた頭。薄い部分が少し埋まり、明らかな変化が見られますね。

ペブプロミンαはDHT対策の新成分

ペブプロミンαは、ヒオウギ、ボタン、ビワ葉の抽出物で構成される複合成分。特許出願中で、プランテルEXだけに配合された独自の成分になります。

原料は3つとも、DHTを作る酵素・5αリダクターゼの働きを阻害する作用で有名。育毛剤にはよく見受けられる成分ですね。

これが集合体になると、その阻害率が3倍にアップ。

阻害率を上げる、独自の配合率があるようですね。今後の評価が期待できる成分です。

プランテルEXが3位の理由③育毛成分大増量で変身!

プランテルEXは、植物エキスやアミノ酸などを大量に増やしました。成分総数63種類と、イクオスに迫るレベルになっています。

もともとのプランテルといえば、今だから言えますが、貧弱でした。わずか18種類の成分しかなかったのが、一挙に大増量!

リデンシル&ペブプロミンαに加えて、多数の成分で薄毛対応力も大幅にアップしています。

1位2位もそろそろリニューアルしないと、そのうち追い越されるかも。

おすすめ育毛剤ランキング・最新版まとめ

育毛剤は日々進化を続けています。最新情報をもとにまとめた結果、トップ3は次の通りに。

1位2位は予想された名前が並びましたが、3位には、内容を一新したプランテルEXが来ましたね。
リニューアルで、同じ会社のフィンジアを超えてきました。しばらくは今のトップ3+フィンジアの集団が、代表的な育毛剤という状態なんでしょう。

4位以下には、フィンジアのほかDeeper3DやポリピュアEXが並びます。

あまり変化がないまま根強い人気を維持していますが、どれかがリニューアルすると、すぐ上位に上がるでしょう。後発優位は決まり事ですもんね。

今のおすすめは、薄毛で焦っている人にはプランテルEXです。

何を使うか迷っている人には、育毛剤だけならチャップアップを推します。選ぶ人が多いサプリ付きなら、これはもう、イクオスの一択ですね。

-ランキング

Copyright© 【効果なしは嘘】イクオスの実体験でわかった効果と7つのメリット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.