ランキング

安くて効果的な育毛サプリランキング@8商品から選ぶおすすめTOP3は?

更新日:

育毛サプリで薄毛を何とかしたいと思っても、どれを選べばいいのかわからない。

どこを見て選べばいいのかな?

そういう人に代わって、育毛サプリのトップ3を選びました。発表前に、育毛サプリについてちょこっと説明させてくださいね。

育毛サプリを使うメリットは何?効果は何が期待できる?

育毛サプリは、何といっても簡単です。飲むだけですから。食事で栄養を摂るのはメニューが大変ですからね~。

薄毛を本気で何とかしたいと思うなら、育毛サプリでの体内からの育毛が効果的です。

育毛剤とは違うアプローチに、髪の反応も違ってくるんです。

育毛サプリのメリット・薬のような副作用がない

薄毛治療に使われる内服薬では、プロペシア(=フィナステリド)やミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)があります。

プロペシアは、性機能障害の副作用が有名ですね。他にも肝機能障害や抑うつ、女性化乳房といった副作用があるし、これが後遺症化することも。
ミノタブも、重大な心不全、低血圧などの循環器障害のほか、多毛、めまいなどが起こります。

育毛サプリでは、作用が似ていても副作用の心配はありません。長期間でも安全に続けられるのが特長です。

育毛サプリのメリット・薄毛を改善する安全な成分を配合

育毛サプリには、副作用なしで、薬と同じような作用を持つ成分が配合されています。例えば、プロペシアに似たDHTを抑制する成分。

ノコギリヤシが安全にDHTを抑制

DHTとは、男性ホルモンが酵素・5αリダクターゼで変成されてできる、脱毛を起こすホルモンのこと。AGA(男性型脱毛症)の元凶なんです。

ノコギリヤシは、この酵素の働きを阻害することで、DHTができるのを抑えます。

プロペシア(成分名フィナステリド)も同じ作用ですが、そこは薬。作用の強さは全然違います。

この効果を示す実験があります。

軽~中程度のAGAの人50人ずつで、フィナステリドとノコギリヤシを2年間摂取しました。

その結果、フィナステリドは68%、ノコギリヤシは38%の人に効果が見られました。

引用元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508

薬の半分強の効果ですが、植物エキスの効果なら立派なものですよね。

安全性では、別の実験があります。

一般的な使用量の3倍・960㎎を長期投与しても、副作用はありませんでした。

安全性も問題なし!

亜鉛は髪の成長には欠かせないミネラル

亜鉛も育毛サプリにはたいてい配合されています。アミノ酸から髪の毛(タンパク質)を合成する時に亜鉛が使われるので、「亜鉛不足=毛が伸びない」なんです。

髪の毛以外にも、全身で需要が多いミネラルなので、常に不足気味。成人男性の摂取推奨量は10㎎に対し、実摂取量は8.9㎎。これでは髪も伸び悩むはず。

亜鉛はサプリで積極的に摂りにいきましょう。なお、過剰摂取の上限は40㎎。サプリではここまで届かず、気にする必要はないでしょう。

イソフラボンにもDHT抑制作用あり

イソフラボンにも、DHTの生成を抑える作用が期待できるとされています。育毛サプリでは、大豆やヒオウギエキスに含まれる形での配合で、もちろん副作用はありません。

DHT抑制作用については多くの研究・試験が実施され、イソフラボンの長期摂取で、血液中のDHTが減ることが確認されています。

国立がんセンターの研究報告のほか、台湾やアメリカなど海外でも、DHTを抑制する効果についての報告が見られます。

参考元:https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/298.html

参考元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21232127

フィーバーフューがヘアサイクル正常化

フィーバーフューはナツシロギクのこと。これに含まれるパルテノライドが、乱れたヘアサイクルを正常化することで、薄毛を改善するとされます。

大阪大学の実験では、AGAの人の8割に改善が見られたという結果もあります。

この成分にもDHTを抑える作用がありますが、ノコギリヤシなどとは違う、NF-kBというタンパク質を阻害する働きになります。

育毛サプリのメリット・体にもいい成分を配合

育毛サプリにはビタミンや強壮成分も多く、飲んでいると、たいていの人は体調がよくなったと感じます。

例えば次のような成分で、体調の変化が感じられます。

ノコギリヤシは前立腺肥大症にいい!

前立腺肥大症は中高年の大きな悩み。原因は薄毛と同じDHTなので、ノコギリヤシがいいんです。

頻尿や残尿感で寝不足だったのが解消されたり、性機能が回復することも。

育毛サプリでも、前立腺向けのノコヤシサプリと同程度の量は欲しいもの。配合量の目安は300㎎程度なので、確認してから購入しましょう。

BCAAで疲労感解消!

BCAAとは、必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンのこと。筋肉の増強と疲労回復に役立つので、筋トレする人にはおなじみですね。

体内で作れない必須アミノ酸で、髪の毛の重要な材料でもあります。不足=薄毛なので、補給が大事。

サプリで補給していると、普段の生活でも疲労感を感じにくくなるでしょう。

アルギニンでも疲労回復!

アルギニンは、髪を成長させる成長ホルモンの分泌を増やします。疲労感の軽減も望めるので、ちょっと高価な栄養ドリンクに使われていますね。

また、血圧を下げたり、腎機能、糖代謝機能の強化も期待できる成分です。

育毛サプリのメリット・安くて手軽に育毛できる

育毛サプリは、単品でもそう高くはありません。それに、育毛剤とセットならかなり思い切った値段設定が普通で、そのほうがコスパはよくなります。

それに、副作用はないし、体調も良くなるというおまけ付き。

育毛剤みたいな手間もかからず、ただ飲むだけ。習慣にすればストレスも感じず、大した負担はなりません。育毛シャンプーよりは、サプリが有益です。

では、本題のサプリ選びにいきましょう。

8つの人気育毛サプリをノミネート・特長を検証する!

自分の経験や各種評価を参考にしながら、薄毛の改善に役立ちそうな育毛サプリ8種類を選びました。個性・特長はありますが、悪いものは入っていないはず。

  • チャップアップサプリ
  • イクオスサプリEX
  • ブブカサプリ
  • ボストン
  • アガルプ
  • プロタガ
  • フェルサ
  • ぐんぐん(gungun)

ここから3つに絞り込むんですが、プロフィール的にサラッと見ていきますね。

チャップアップサプリのメリット・デメリットを検証

チャップアップは知名度も人気も高い育毛剤ですが、その効果アップが狙えるサプリメントも高く評価されています。

概要をまとめました。

チャップアップサプリ概要
総成分数 38種類
1本定期コース価格(送料込) 5,640円
セット定期価格 9,090円
1日分摂取量 1200㎎
主な成分
ノコギリヤシ 非公表
亜鉛 非公表
イソフラボン なし
カプサイシン 非公表
フィーバーフュー 非公表

成分の総数は38種類とかなり多くなっています。育毛剤同様、多数の成分で広い範囲の薄毛対応を意識したんでしょうね。

チャップアップサプリのメリットは?

メリット①サプリセットがお得

9,090円のサプリセット価格は、チャップアップの売れ筋№1商品。育毛剤の効果アップが期待できるからなんでしょう。

育毛剤の定期コースが7,400円で、それに1,690円プラスすればサプリセットが買えるのは超お得です。サプリの単品定期ではほぼ5千円もしますからね。

メリット②DHT抑制はOK

薄毛の最大の原因・DHT対応はバッチリ!ノコギリヤシやイソフラボンなど、必要な成分がそろっています。抜け毛の予防にも最適です。

メリット③摂取量が多い

チャップアップサプリは300㎎の粒を1日4粒、計1,200㎎が推奨量です。これだけあれば、たくさんの成分も十分摂ることができ、効果もしっかり期待できますね。

続いて、デメリットにも触れておきましょう。

チャップアップサプリのデメリットは?

デメリット①成分の配合量がわからない

成分の配合量は、どこにも表示されていません。例えばノコギリヤシは300㎎欲しいんですが、それだけ確保されているかどうかは不明です。

38種類全部とはいいませんが、亜鉛やビタミンなども知りたいんですけどね。

デメリット②イソフラボンが配合なし

イソフラボンは脱毛防止だけの効果ではありません。女性ホルモンに似て、髪の成長を促す働きもあるんですが、チャップアップサプリには配合されません。

そして、配合済みのカプサイシンと同時摂取すれば、成長因子の分泌を増やすことも期待できるのに…。無配合は本当に残念ですね。

次はイクオスサプリです。

イクオスサプリEXのメリット・デメリットを検証

イクオスサプリEXの特長は、成分数でしょうね。業界トップクラスの46種類を配合して、他を圧倒するパワーを感じさせます。

イクオスサプリEX概要
総成分数 46種類
1本定期コース価格 4,730円
セット定期価格 7,538円
1日分摂取量 1050㎎
主な成分
ノコギリヤシ 300㎎
亜鉛 12㎎
イソフラボン 25㎎
カプサイシン 非公表
フィーバーフュー 非公表

イクオスサプリEXのメリットは?

メリット①足りない成分はない

業界トップの成分数だけあって、必要な主要成分はすべて網羅しています。DHT対策と髪の成長促進はもちろん万全です。

加えて、栄養補給や成長因子増産までカバーしたうえ、体調までよくなる育毛サプリ。成分に不足はない、非常によくできた育毛サプリなんです。

メリット②配合量で他に負ける成分はない

イクオスは、主要成分の配合量を公表しています。その量は、すべて根拠に基づいて決められていて、効果が十分期待できるもの。

他のサプリで、イクオスサプリを超える配合量のものはありません。

メリット③値段が安い

成分内容が充実しているのに、値段が安いことも大きなメリットです。ライバルのチャップアップにも、単品、育毛剤セットとも勝ちました。

定期コースの4,730円は、ノミネート中3番目の安値。

イクオスサプリEXのデメリットは?

デメリット①クサい

イクオスサプリには、匂いがあるんです。ノコギリヤシの匂いで、慣れるまでは気になる人もいるでしょう。でも、多くの育毛サプリも同じ匂いがします。

イクオスサプリだけの欠点ではないんですけどね。

デメリット②女性に不向き

ノコギリヤシとイソフラボンは、ホルモンに影響します。妊娠・授乳中の女性にそれがどう働くかの確認が取れていないので、使わないほうが無難でしょう。

これも育毛サプリのほとんどに見られる欠点です。

次はブブカサプリにいきます。

ブブカサプリのメリット・デメリットを検証

ブブカサプリは、リニューアルに伴い[ザ・エンザイム]という名前がつきました。名前が変わるだけあって、中身も大きく変化しています。

新生ブブカサプリのプロフィールです。

ブブカサプリ概要
総成分数 26種類
1本定期コース価格 5,180円
セット定期価格 11,664円
1日分摂取量 740㎎
主な成分
ノコギリヤシ なし
亜鉛 非公表
イソフラボン なし
カプサイシン なし
フィーバーフュー なし

元のブブカサプリを知っている人は、変わりように驚いたでしょう?成分数は13種類減。リニューアルで増やしはしても、減らすのは珍しいですね。

ブブカサプリのメリットは?

メリット①ブブカに無料でついてくる

育毛サプリは、育毛剤とペアで使われることが多いんですが、その分費用もかかります。ところが、ブブカゼロの定期コースでは、サプリが無料でついてきます。

毎月タダなんだから、これ以上のお得はないでしょう。

メリット②体を基礎から整える

成分の多くは菌類、酵素で、髪ではなく身体の機能を正常に整えようとするもの。特定の部分ではなく、基礎を整えて健康な体を作ることを目的とします。

ブブカサプリのデメリットは?

デメリット①育毛成分がない

ブブカサプリには育毛成分がないんです。育毛剤とペアで使えば効果的な育毛サプリなのに、その役割を果たすことができません。

育毛には関わらない育毛サプリとは、非常に大きなデメリットですね。

デメリット②成分配合量が非公表に

元のブブカサプリは、ノコギリヤシ135㎎、亜鉛12mgなど、配合量もちゃんと表示されていたのに、一転非公表に。信頼感が失われてしまいました。

非公表の目的はよくわかりませんが、少なくとも改善とはいえないように思えます。

4つ目はボストンです

ボストンのメリット・デメリットを検証

育毛サプリといえばボストンといわれるほど、代表的な存在です。成分もバランスよく整っていて、信頼できるし実績も十分。

ボストン概要
総成分数 27種類
1本定期コース価格 6,458円
セット定期価格
1日分摂取量 1,395㎎
主な成分
ノコギリヤシ 300㎎
亜鉛 4㎎
イソフラボン 20㎎
カプサイシン なし
フィーバーフュー 非公表

ちなみに、配合量はノコギリヤシのみ公表で、あとは原則非公表なんです。ちょっと驚きでしたが、公式サイトに質問したら、すんなり教えてくれました。

フィーバーフューは聞き忘れました…。

ボストンサプリのメリットは?

メリット①DHT対策が万全

ノコギリヤシは300㎎配合で、DHT抑制には十分な量。イソフラボン、フィーバーフューと、その他の成分も実績のあるものばかりで信頼できます。

メリット②ソフトカプセルがイイ

育毛サプリの多くは錠剤タイプが多いんですが、ボストンはカプセルタイプです。これだとイクオスみたいに匂わないし、苦みも感じずにすみます。

メリット③ノコギリヤシがオイル状

ソフトカプセルにした理由は、オイル状のノコギリヤシを配合するため。粒状より純度を高くできるので、その分効果にも期待がもてます。

ボストンサプリのデメリットは?

デメリット①定期コースが3回継続規制

ボストンのお得な定期コースは、3回継続することが条件です。定期コースでは初回解約OKが主流なので、これは競争力を落としますね。

デメリット②値段が高め

ボストンは定期コースでも6,458円というお値段。今回ノミネートした中では最高額でした。育毛サプリは4千円台も少なくないので、かなり高レベルです。

ライバルも多く、この値段では今後厳しくなるかも。

デメリット③亜鉛が少なすぎ

亜鉛4㎎はちょっと少ないでしょう。亜鉛はもともと不足しがちだし、薄毛にも多くの亜鉛が必要。10㎎といった十分な量がほしいところです。

次はアガルプの検証です。

アガルプのメリット・デメリットを検証

アガルプは2019年リニューアル。先行するイクオスやボストンを、当然意識しているでしょう。サポートする育毛剤はなく、単体で育毛を目指します。

アガルプ概要
総成分数 54種類
1本定期コース価格 4,298円
セット定期価格
1日分摂取量 1,200㎎
主な成分
ノコギリヤシ 非公表
亜鉛 非公表
イソフラボン 非公表
カプサイシン 非公表
フィーバーフュー なし

アガルプのメリットは?

メリット①成分数業界トップクラス

アガルプはリニューアルで総成分数を54種類に増やしました。業界トップといっていい数で、イクオスサプリの46種類を意識したんでしょうね。

メリット②多彩な成分を導入

成分数が多いメリットを生かし、ブロッコリースプラウトやツルアラメなど、目新しい成分も導入して作用の多様さをアピール。

メリット③値段が安い

成分を大きく増やしましたが値段は据え置き。定期コースで4,298円という値段は、かなり安いレベルの育毛サプリになっています。

アガルプのデメリットは?

デメリット①定期コースの解約4回縛り

値段の安さとの引き換えでしょうか、定期コースの条件に、4回の回数縛りを設定しています。初回解約OKが多い中、厳しい条件ですね。

デメリット②成分配合量非公表

配合成分は公表されていません。亜鉛で栄養機能食品が認められたので、3㎎以上と推定できるだけ。よさそうな成分が多いだけに、とても残念な部分です。

ここが改善されたら、イクオスサプリに脅威になるのは確かでしょう。

6番目はプロタガです。

プロタガのメリット・デメリットを検証

プロタガは、今回ノミネートした中では異色の育毛サプリ。主成分のHGPへの依存度が高く、脱毛対策や栄養補給はあまり重視していないようです。

HPG(Hair Growth Peptide)はタマゴ由来のアミノ酸の集合体で、発毛・育毛を促す特許成分とのことです。これがプロタガの主成分になります。

成分総数は19種類と少なく、育毛成分はかなり省略されました。

プロタガ概要
総成分数 19種類
1本定期コース価格 6,458円
セット定期価格
1日分摂取量 560㎎
主な成分
ノコギリヤシ 非公表
亜鉛 非公表
イソフラボン なし
カプサイシン なし
フィーバーフュー なし

プロタガのメリットは?

メリット①髪の成長に期待できそうな新成分

新しいタイプの成長因子・HPGが主成分だけに、この効果に期待が集中します。公式サイトのヒヨコのように、3週間で毛が生えるとすばらしいんですが…。

メリット②HGPの効果には実証試験あり

HPGの効果はヒトの頭で実証試験が行われ、56%の被験者の頭頂部が6ヵ月で改善したそうです。

写真付きでプレスリリースされたので、効果は確かです。

参考元:https://www.pharmafoods.co.jp/

プロタガのデメリットは?

デメリット①成分数が少ない

プロタガの成分では、HPG、ノコギリヤシ、亜鉛の他は少数の育毛成分だけ。その配合量も非公表で、例えばDHT対策や栄養補給は心細いもの。

デメリット②値段が高い

定期価格で6,458円という値段は、サプリにしては高額です。脱毛対策が弱そうなので、そのための育毛剤を買うともっと高額に。長期使用が不安です。

7つ目はフェルサです。

フェルサのメリット・デメリットを検証

フェルサはロングセラーの育毛サプリですが、地味な印象です。それは、目玉的な成分がないからかもしれません。

ノコギリヤシやミレットエキスなど、必要な成分は配合されますが、数は少なめ。育毛剤のサポート役ならいいんですが、育毛剤がなく単独なのでやや弱いかも。

フェルサ概要
総成分数 23種類
1本定期コース価格 5,980円
セット定期価格
1日分摂取量 502㎎
主な成分
ノコギリヤシ 100㎎
亜鉛 3㎎
イソフラボン なし
カプサイシン なし
フィーバーフュー なし

フェルサのデメリットは?

デメリット①配合量が少なめ

ノコギリヤシ100㎎、亜鉛3㎎という配合量は、いかにも少ないですね。この量では効果はあまり期待できないかもしれません。

デメリット②育毛成分が弱い

抜け毛抑制や髪の成長を促す成分が少なすぎます。いくらサプリとはいえ、ビタミンやアミノ酸などの、栄養補給に偏り過ぎな気がします。

デメリット③コスパがよくない

成分内容に比べて、ほぼ6千円という値段は高すぎるでしょう。費用対効果を考えると、納得できる人は少ないのでは?

最後はぐんぐんです。

ぐんぐん(gungun)のメリット・デメリットを検証

ノコギリヤシが主成分のサプリです。育毛成分と栄養成分がバランスよく配合された、使いやすいサプリというのが定評になっています。

ぐんぐん概要
総成分数 25種類
1本定期コース価格 3,980円
セット定期価格
1日分摂取量 900㎎
主な成分
ノコギリヤシ 200㎎
亜鉛 なし
イソフラボン 非公表
カプサイシン なし
フィーバーフュー なし

ぐんぐんのメリットは?

メリット①値段が安い

定期コースで3,980円という、購入しやすい値段設定です。今回ノミネートしたサプリでは最も安く、通販系育毛サプリでも最安値クラスでしょう。

メリット②他の育毛剤と併用しやすい

成分的に育毛剤とかぶる部分が少ないし、値段が安いことから、育毛剤と併用しやすいサプリです。栄養補給面が弱い育毛剤との組み合わせが最適でしょう。

ぐんぐんのデメリットは?

デメリット①配合量が非公表

成分の配合量が非公表なのはいただけませんね。効果が期待できる量かどうかは大切な要素なんですが…。

表中のノコギリヤシ200㎎は、あるサイトが問い合わせた結果です。やっぱりこれでは足りません。

デメリット②亜鉛が未配合

ぐんぐんには亜鉛がありません。亜鉛は髪を作る時に欠かせないのに、育毛サプリにそれがないのは大きな弱点。これがない育毛サプリって、珍しいんです。

デメリット③定期コースに継続縛り

値段が安い定期コースでは、最低3回継続が条件になっています。敏感肌の人なら、体に合わない時の事を考えると購入をためらうでしょうね。

長くなりましたが、紹介終わり!続いてトップ3の発表です。

育毛サプリランキング・トップ3決定!1位はどのサプリ?

ではトップ3の発表です!

  • 1位:イクオスサプリEX
  • 2位:ボストン
  • 3位:アガルプ

メリットもデメリットもありましたが、それぞれを育毛サプリとしての価値の高さで判断しました。重視したのは、①配合量公開、②価格、③成分数。

これらを総合的に判断、順位をつけた結果がトップ3でした。

チャップアップサプリが圏外、ボストンが首位転落、新顔アガルプ登場など大きく動いたトップ3。どうしてこうなったか、その理由を書いていきます。

イクオスサプリEXが第1位!その理由は?

イクオスサプリは総合的に見て1位なんですが、一番大きな理由はやっぱり成分がいいから。どういいのか、主な成分をいくつか紹介しましょう。

ノコギリヤシがDHTを押さえこむ!

代表的な薄毛といえばAGAで、原因は5αリダクターゼが作るDHT。ノコギリヤシの作用は、5αリダクターゼの働きを阻害、DHTを作らせないことです。

イクオスサプリに配合された300㎎のノコギリヤシが、しっかりとDHTの生成を抑えてくれます。

この量なんですが、海外で行われた実証試験で、医薬品のプロペシアと競合するほどの効果を出した量(320㎎)とほぼ同じ量なんです。効果も期待できるはず。

参考元:http://www.dhcblog.com/

イソフラボンとカプサイシンが成長因子増産

イクオスサプリに配合のイソフラボン(大豆エキス)とカプサイシン(唐辛子)は、同時摂取で成長因子・IGF-1の分泌を増やす作用が期待できます。

出典元:https://kclinic.co.jp/

IGF-1が増えて期待できるのは、髪の成長期を延長したり、休止期から成長期への移行を早める効果、それに、髪になるタンパク質を増やす効果など。

薄毛を直接改善してくれる効果的な成分が、イクオスサプリには2つともしっかり配合されています。両方配合されたサプリって、そう多くないんです。

フィーバーフューは毛母細胞を活性化

育毛に有用なのはフィーバーフューに含まれるパルテノライド。この成分は、NF-kBという因子(タンパク質)を阻害します。

NF-kBはDHTと関わりながら、細胞の正常な増殖を妨げる因子。毛母細胞や毛乳頭細胞にも何らかの悪さをして、抜け毛を起こさせる疑いが持たれています。

パルテノライドでNF-kBを阻害すれば、毛母細胞などが正常化。薄毛の改善につながるというワケです。

フィーバーフューは、今回ノミネートしたサプリの大半が未配合。イクオスサプリは敏感に情報を入手して配合したようです。

いい成分が多いのに値段が安いのも1位の理由

これまで見てきた通り、イクオスサプリには効果的な成分がたくさんあります。それなのに価格は4,730円で、ノミネート8種類のうち3番目の安さです。

コスパでは最高のイクオスサプリなので、1位になったのは当然の結果でしょう。

イクオスサプリEXが1位の理由・まとめると?

いろいろ書きましたが、1位になった理由をまとめると、こうなります。

  • 成分数がトップクラス
  • 全方向の育毛作用
  • 成分量を表示
  • 成分配合量がどのサプリより多い
  • 値段が安くてコスパ最高
  • 育毛剤とのセットがお得

これなら、イクオスサプリの1位に誰もクレームはつけないでしょう。現時点では「最強の育毛サプリ」と呼んでも差し支えありませんね。

続いて第2位のボストンです

ボストン(BOSTON)が第2位!その理由は?

ボストンは、代表的な育毛サプリとして高く評価されています。バランスのとれた成分構成で、多くの薄毛に対応できる安心感と、積み重ねてきた実績が強み。

それは何も変わってはいませんが、周囲は変わります。値段などノミネート中で一番高いので、その分評価は下げざるを得ませんね。

なので、1位には届かなかったということでした。

いい成分がバランスよく配合・量も足りている

ボストンには、育毛サプリに重要な成分がきっちり配合。それはプロフィールで見た通りで、これだけでも上位が確保されるほど、価値があることなんです。

さらに、配合量を見てもノコギリヤシは300㎎。効果が期待できる量で、主成分として問題ありません。

DHT対策では、イソフラボンが20㎎など多数の成分が。十分な配合量ですが、イクオスサプリには少し負けてますね。

亜鉛が少ないのがちょっと痛いところ

亜鉛だってもちろん配合されています。髪の成長には欠かせない成分で、身体全体からの需要が大きい成分でもあります。なので、たいていの人が不足傾向に。

必要量は1日10㎎ですが、もともと不足しているので、ボストンの4㎎では心もとない量ですね。頼り切れない部分があるのも、2位の理由。

イクオスサプリなら、余裕の12㎎配合です。

カプサイシンがないのは育毛に不利

ボストンには、カプサイシンが配合されていません。

カプサイシンの役割りは、成長因子の増産だけではありません。薄毛の主要原因の一つでもある、血行不良を改善する作用も期待できます。

血行促進は育毛剤でも重視する作用で、サプリにだって重要。ボストンにカプサイシンを配合しないのは、他と比べて不利でしかありませんね。

ボストンが2位だった理由・まとめると?

ボストンがいい育毛サプリであることは、何も変りありません。でも1位に勝てない部分があったので2位に。

まとめると

  • 値段が高い
  • 成分の配合量でイクオスサプリに勝てない
  • 成分数が少ない

優れたサプリなんですが、こういったデメリットがあって2位という結果になりました。

アガルプが第3位!その理由は?

アガルプは、総成分数が54種類。トップだったイクオスサプリを超えました。

重要成分はほぼ配合しているし、特長的な成分も積極的に加えられています。

値段もノミネート中2番目に安いなど、かなり頑張った育毛サプリです。アガルプのおかげで、チャップアップがトップ3から外れる結果に。

値段が安いこともありますが、比較的新しいアガルプが3位になったのは、やっぱり成分の内容が一番ですね。

アガルプの売りはブロッコリーの新芽で育毛

他の育毛サプリに差をつけるため、ブロッコリースプラウトを配合しました。スプラウトは新芽のことで、育毛では毛乳頭細胞の活性化作用が期待できます。

つまり、毛根が活発になって、髪の成長促進が望めるんです。その活性化作用で、毛乳頭細胞が1.8倍増加したという報告がありました。

この効果は、近畿大学とリーブ21の共同研究で明らかになったもので、アガルプで商品化されたということです。

出典元:http://www.kindai.ac.jp/

アガルプの多数の成分でトータルケアに期待

アガルプは育毛サプリなので、ノコギリヤシや亜鉛などの重要成分はもちろん配合されます。ほかに、ガニアシやプラセンタといった特徴的な成分も。

成分が多いので、抜け毛対策、髪の成長や栄養補給などに使える成分も多くなります。その分、期待できる効果も大きくなるのは当然のことですね。

トップクラスの成分数を生かして、トータル的に育毛ができるのが一番の強みです。

アガルプの成分配合量は非公表

優れた成分を持つアガルプですが、残念なことに配合量は公開されません。成分の量は効果を左右する大切な要素なのに。

ここは大きなマイナスポイントです。上位の2つは配合量がわかっていて、3位になった主な理由もここなんですよね~。

アガルプが3位になった理由・まとめ

アガルプは、かなり魅力的な育毛サプリのように感じます。チャップアップサプリを超えて、3位になるのも十分納得できます。

その理由をまとめると次のように。

  • 値段が安い
  • 主成分が魅力的
  • 成分数がトップ
  • 配合量非公表がマイナス

かなり評価できるサプリなんですが、配合量非公表は残念です。これがなければ、上位2つの位置は危うくなるかもしれません。

まとめ・4位以下も見てみよう

では、全部並べてみましょう。
トップ3の次、4位はやはりチャップアップサプリですね。トップ3とは決定的な違いはないんですが、値段と成分数の差でアガルプに勝てませんでした。

あとはあえて順位はつけていませんが、あなたならどう評価しますか?

トップ3の1位は、やっぱりイクオスサプリEXですね。落ちのない成分構成で、使う人を選びません。誰が使っても満足感が得られる、完成度の高いサプリです。

さらに、育毛剤とのセットにすれば、頭皮からも直接アプローチ。効果への期待はさらに大きくアップします。

7.538円での育毛剤&サプリセットは、サプリに2,808円プラスするだけ。

イチ押しでおススメです。

ボストン2位、アガルプ3位は、育毛サプリの流れの変化を感じます。永年トップだったボストンも、リニューアルなしでは2位の維持は難しそうですね。

チャップアップにしても4位に安住するはずもなく、また変化を見せてくれるでしょう。

-ランキング

Copyright© 【効果なしは嘘】イクオスの実体験でわかった効果と7つのメリット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.